夢日記(蛇編)

0
    ある日の深夜。

    深い山の森の中を一人 彷徨い歩いていた。

    なぜだか?山伏の様な格好をした自分。

    額につけたヘッドランプの明かりを頼りに、笹や様々な植物が生い茂る原生林の如き その森の中を、深く深く分け入る様に突き進んでいた。

    前進しているうちに笹林が途絶え、目の前には、見るからに底が深そうな大きな淵が展開した。

    こんな森の中に唐突に淵があるとは?と驚いてた矢先、突然、水面が湧き上がったかと思うと、真っ白な大蛇が淵の中からぬぅと顔を出し、水面から3m程 身体をせり上げた所で、こちらを見下ろす形で静止した。

    体長は何十mあるのだろうか?

    顔だけでも1mを超えているバカでかい大蛇。

    俺を飲み込むに充分な大きさに思われた。

    襲ってくるか?と思ったが、こちら見つめているままだ。

    そうか、襲って来ない訳がわかった。

    周りがあまりに暗いので、大蛇に見えてるのは、こちらの頭に着けてるヘッドランプの青白い光のみで、どうやら俺の姿は見えてはいないらしい。

    暗闇の中、ヘッドランプに照らされた蛇の2つの目がキラリと光っている。

    ランプの光がその白い身体に反射し、淵の水面がエメラルドグリーンに美しく輝いていた。

    その姿、あまりに壮観で どう猛な蛇というよりは むしろ、神々しさすら感じた。

    しかし、ここで大蛇を見惚れている場合ではなかった。

    逃げようと動けば瞬時に襲いかかって来るかも知れぬ。

    大蛇はジッとこちらを見つめているのみ。

    こちらも身動きを取るに取れぬ状態のまま、ただただ その場に静止するのみ。


    そうこうしているうちに目が覚めた。




    と、まぁ話にオチの無いのが夢日記。

    続きを書きたくても、起きたら そこで終わりな まさに「蛇の生殺し」なストーリー。


    手塚治虫の未完の漫画かよ?(笑)

    ザマーカンカンカッパのへーで、 どうも すんずれい すますた!

    この後のストーリーは読んでいるアナタのご想像にお任せします。

    ではでは、

    おしまい。





    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM