<< FLIPOUT A.A ブラジルツアー動画(編集版) | main | RAGING BLAST企画、楽しかったです! >>

ズンたま昔話 その2

0
    あれは小学校三年か四年の頃。

    ウチの家では鳩を飼っていた。

    全身真っ白な鳩だった。

    確か最初に飼っていたのは、四羽の鳩。

    オスが二羽のメスが二羽。

    毎朝、鳩小屋の扉を開けると、目の前の杉の森より更に高く羽ばたいて行って、四羽並んで、弧を描く様に空中を旋回して見せた。

    その様は、優雅であり、上品であり、まさに平和の象徴そのものと言った崇高ささえ感じた。


    鳩の習性について非常に驚かされた時があった。

    父が鳩を小さなオリに入れて、車のトランクに入れた。

    そして、家族全員で車に乗り込み、20キロ以上離れた隣町までドライブ。

    父は途中、車を停め、トランクを開けると、オリから鳩を外に放した。

    鳩は 瞬く間に大空遠く羽ばたいて行った。

    「あぁ〜なんて事を…」

    幼い自分の目には、父が鳩を捨てたのだと映った。

    父に、鳩を捨てたのかと?と尋ねても、答えない。

    父は遂にトチ狂ってしまったのだろうか?と思った。

    その後、隣町で買い物。

    のんきに買い物なんかして、鳩の事は気にならないのか?

    なんて冷酷な親だろうと思った。

    三時間程経って、家に車で帰って見ると、なんと、鳩が家に帰っていて、鳩小屋の中に居るではないか?

    暗いトランクの中に居て、景色も見てないのに、何で帰れたんだ?

    あまりにアンビリーバブルな出来事に頭が混乱した。

    そこで初めて、親から種明かししてもらった。

    なんでも、鳩の脳には、あらかじめ方位磁石の様な能力が備わってるという事を教えられ、大いに驚かされた。


    そんな鳩達も時折、交尾して卵を産んだ。

    孵化して鳩のヒナが生まれると、まだ羽も生えて無くて、とても鳩には見えなかった。

    ヒナは成長し、やがて空を飛べるまで成長した。

    鳩は何度も卵を産むから次第に鳩の数も増えて行った。

    ある日、二羽のヒナが生まれて、二羽とも可愛く並んで、親鳩の口からミルクをもらっていた。

    鳩は珍しい生き物で、口からミルクを分泌してヒナに与える。

    二羽のヒナの一羽の方が欲張りで、身体を前のめりに突き出し、親の口から貰うミルクをいつも一人占めしている姿を見ていた。

    最初のうちは、特に気にしていなかったが、日に日に、欲張りな方のヒナだけが身体が大きくなって行き、もう一羽のヒナは小さいままだった。

    一週間が経ち、二羽のヒナの身体の大きさが倍以上にもかけ離れて、遂には小さい方のヒナが衰弱して倒れた。

    こんなになるまで、なんで放っておいたのだろう?

    親鳩は何故、この子にはミルクを与えなかったのだろうか?

    鳩小屋を空け、痩せ細って、もう首を上げる力も無いヒナを取り出したが、もう虫の息。

    可哀想で可哀想で、涙が出てきた。

    栄養剤を水で溶かして、飲ませても、もう 何の効き目も無かった。

    遂には、そのヒナは息を引き取ってしまった。

    雪の降る寒い冬の午後だった。

    あまりに不憫で、泣きながら、庭の土を掘り、ヒナを埋葬した。


    あぁ、なんと無情な世界なのだろう。

    鳩の世界、ましてや血を分けた兄弟同士のヒナの間にさえ、生存競争が存在するのか?と悲しくなった。


    もう一つ、鳩に関して忘れられない記憶がある。

    鳩は、例え飼い主であっても、なつく事は無かった。

    手に取って抱きしめ様と思っても、逃げるのが通常だった。

    しかし、ただ一羽だけ、非常になついてくる子供の鳩がいた。

    その小鳩は手を差し出すと、可愛い事に飛んで来て、手の上に乗って来る。

    手の平の上に餌を乗せると、腕に乗っかったまま、餌をついばんだ。

    撫でても、鳩のクセに警戒心が薄く、むしろ身体をこちらに委ねて来る程、人懐っこい小鳩だった。

    自分は、毎朝、その小鳩と戯れるのが楽しみで、こんな可愛い鳩は他に居ないとそれはもう、自分の子供の様に可愛いがった。


    ある日の夕方の事だった。

    放課後に友達と遊んで、家に帰った。

    父がワサワサと鳩小屋の前で作業していて、開口一番で聞いた言葉。


    「鳩小屋にノラ猫が入り込んで、あの懐っこい小鳩を食って殺してしまった。」

    聞いた瞬間、心臓が止まりそうに驚き、目の前が真っ暗になった。

    「嘘だ!今朝も一緒に遊んでいたのに!」

    しかし、あの小鳩の姿はどこにも無かった。

    次の瞬間、涙がどっと溢れて来た。

    そのまま、家の中に飛び込んで、布団の中に潜り込み、大声で泣いた。

    泣き止んでは、あの小鳩の懐いてくる姿を思い出し、また泣いた。

    猫に襲われた時、どんなに怖かっただろう?と想像し、胸が苦しかった。

    その後、しばらくは鳩小屋を見る度、悲しさが込み上げて来た。


    忘れたくても忘れられない苦い記憶。

    あの小鳩は とおの昔に死んでしまったが、
    今だ 自分の心の中に生きており、目をつぶれば、差し出した手の上に嬉しそうに飛び寄って来る あの愛しい姿が映し出されるのです。




    コメント
    はとっぴが居るじゃないか!w
    • 浦和のponyさん
    • 2017/10/24 10:02 PM
    あ〜、ハトガヤの はとっぴですか?

    はとっぴは食い過ぎなんで飢え死にの心配はありませんね!(笑)
    • ずんたま
    • 2017/10/25 1:25 AM
    コメントする









    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM