<< レッツスラムフェスタ スーパー楽しかったです! | main | 夢日記 (地震編) >>

夢日記 (空腹編)

0
    ある人の紹介で知り合った、地方から来た女性3人と荻窪のラーメン屋に来ていた。

    ハタチそこそこの女性達で、今日が初対面。

    ラーメン屋は入り口はこじんまりとしているが、奥行きがあって、奥のテーブル席に、四人で四方を囲む形で座った。

    非常に爽やかではあるが、堅苦しくない 楽しいトーキングをかわしながらラーメンを食べた。

    美味し!

    自分の他に3人の女性というシチュエーションが更に美味さを引き立てていた。

    食べ終わるやいなや、突如 バンド仲間達が20人ほど、ぞくぞく入店して来て、何たる奇遇な事か。

    意気揚々と入店して来る彼らに「オス!オス!オィーッス!」などと挨拶したり、たわいもない会話をしているうちに、ふと、後ろを振り返ると、女性達3人がもう居ない。

    「ガビーン!」

    どうやら、帰ってしまったらしい。

    この後、色々と東京の楽しいスポットを案内しようと思ってたのにな…。

    何だか、楽しい ひとつのイベントを逃した気分で、ややテンションが下がる。


    そういえば、今日はバンド練習の日だ。

    そろそろ帰ろうかと思い、向かった先が、なぜか、母親の実家だった。

    実家の中には誰も居らず、自分一人のみ。

    母親の実家は表側の店舗と裏手の住宅が一体化している形だった。

    昔、繁盛していた八百屋の店内には、今は商品が一切並んでおらず、ただの空きスペースになってる。

    しばらくすると、店の入り口から見知らぬ人物が入って来て、自分が今いる裏手の住居の入り口の前まで近づいて来た。

    俺は慌てて、母屋の古いガラス張りの戸を閉めた。

    男は戸の前まで歩み寄って来た。

    ガラス越しに、その見知らぬ男が言う事には、

    「ここは、自分の実家」だと。

    「ウソ言うな、お前みたいな男は知らん、今すぐ出て行け」と言い返した。

    すると、その男の背後から、さらに五人ほど、「ここは、俺の実家だ」と言い張る男達が続々と現れ、母屋に入らんと、戸を開けようとして来た。

    俺は戸を片手と右足で抑えたまま、近くにあった古風な黒いダイヤル式の電話に手を伸ばし、110番し、警察に通報した。

    そして、運が良い事に、今いるその部屋は台所だったので、すぐさま、棚から出刃包丁を取り出し、彼らの目の前に突きつけ、威嚇。

    その男達は、怖気づいて、すごすごと帰って行った。


    一悶着が終了し、すごく腹が減って来たので、台所に在庫してあったホットケーキミックスを取り出し、ホットケーキを作ろうと準備した。

    ホットケーキの粉に牛乳を入れ、かき混ぜる。

    突然、一人のバンド仲間がアジアの友達を引き連れてやって来た。

    アジアの友達といっても、家族連れで、子供を含め 五人もいる。

    家に招き入れ、茶の間に案内した。

    バンド仲間は俺に気を使って、料理のサポートをしてくれる事に…。

    ホットケーキ作るのに、あとは卵が必要だ。

    しかし、そのサポーターが言うには、「卵が何処にも無い」と。

    フライパンは、もう、アツアツに熱されている。

    卵がないなら仕方がない。

    卵無しで、焼いちまおうと、ドロドロのホットケーキミックスをフライパンに流し込んだ。

    その直後、サポーターが「卵があった〜!」と喜び勇んで、卵を持って来た。

    「なんだよ、タイミング悪りーな〜」と内心つぶやいた。

    いや、しかし、今ならまだ間に合うかもしれないと、すぐさま卵を割って入れたが、ホットケーキミックスはすでに熱され、固まりかけており、完全に卵とホットケーキが分離する形に焼き上がってしまった。

    失敗だ。

    これでは、はちみつをかけて食べたらいいのか?ソースをかけて食べたら美味いのか?わからない。

    ボウルに入った 残りのホットケーキミックスに卵を入れ、勢い良くかき混ぜていると、突然、アジアの子供達が、台所にやって来て、今まさにホットケーキを焼かんとしているフライパンの上に2センチ大のオニギリを並べ、小さな焼きおにぎりを作ろうとしている。

    「なんだよ!割り込んで来やがって、クソガキが!こっちは死ぬ程腹が減ってんだよ!百歩譲って 焼きおにぎりが焼きあがる時間ぐらい待ってやっても良いが、せめて、もっとデカいオニギリで一気に作ってくれよ!」

    と、内心思ったが…、

    相手が客人の子供だけに、言うに言えず…。

    子供達は小さな焼きおにぎりを さらに続けて、何十個も作るつもりらしい。

    こちらは、ただただ、ホットケーキミックスをシャカシャカかき混ぜながら、イライラするばかり…。

    無限大の空腹とイライラが頂点に達し、目が覚めた。



    今回の夢は、やたらと食べ物が出て来たが、思えば、昨夜は夕飯を食べずに寝ちまったので、空腹が原因で見た夢だと思われます。


    さあ、夢から覚めた事だし、待ちに待った朝メシを食べようかな〜!


    今日は朝から、ラーメンとホットケーキを食べてしまおうかな〜!?(笑)


    ついでに2センチ大の焼きおにぎりも作ってしまおうかな〜!?


    (それは無い…笑)



    おしまい。



    コメント
    コメントする









    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM