<< ☆ツアー日記 MDC JAPAN TOUR 2018 (二日日) | main | ☆ツアー日記 MDC JAPAN TOUR 2018(名古屋編) >>

☆ツアー日記 MDC JAPAN TOUR 2018(三日目)

0
    1/28(土) 朝からワキン後、中野へ直接。

    今日はMDC JAPAN TOUR 2018の3日目、中野編。

    日中はワキン、夜は全力疾走ライブで、演奏後は酸欠状態で毎回死にそうになっているが(笑)、週末の今日、疲労が残っているかと言えば、そうでもなく、過去には、もっと繁忙な時期があったハズだし、長年、今の生活スタイルを続けているので身体が慣れっこになってしまっているみたい。

    フリップアウトの他のメンバーもそうであろう。

    タフネスというよりは、頑丈である。

    夕方、中野MOON STEPにたどり着く。

    今夜のイカしたディナーはこちら。



    breakfastの出演が決まっていたのだが、つい数週間前にまさかの解散。

    最後に今日の一本だけでも出てもらえたらなと、思ったが、しょせん、バンドは人間がやっているモノだし。

    無理なモンは無理なんだよな。

    急いでムーンステップに向かうも、トップのENSLAVEは惜しくも見逃し。

    年末に交通事故で絶賛骨折中の、ボーカルで初台WALLの店長 ジープは車椅子で登場。

    ライブも車椅子でやったらしい。

    療養中でも演っちまう。

    これぞバンド魂というヤツか?

    2番目はオーストラリアからやって来たScrotal Vice。

    全員覆面のグラインドコア。

    サウンド的に何処と無くMACABREを思い出した。

    ライブ転換中、二階のMOON STEPの事務所に入ると、ギターのBARRY先生が居たので、そこらに置いてあった象さんギターを掴んだワタクシ。

    BARRY先生の目の前でRKLのギターフレーズを弾いてみせた。

    するとBARRY先生はワタクシからギターを取り上げ、セッションしようと言い出した。(笑)

    お前は机を叩いてドラムをやれと。

    RKLの知らない曲を振られたらヤバいと思ったので、すかさず口から出た曲名は、
    RKLの代表曲「SCAB ON MY BRAIN」

    さらにBARRY先生は持参しているビデオカメラを目の前に設置して、この二人のセッションの様子をビデオに収めようと録画を開始した。

    マジかよ…?と。

    冗談のつもりでRKLの曲を弾いただけなのに、最終的に一緒にセッションする羽目になるとは…トホホ (汗)

    でも、演るからには本気でやらねば。


    “これはある意味、師弟対決である。"


    イントロからスタート。

    緊張中の緊張。

    超嬉しい事なのだが、緊張感がそれと同じくらい大きいので、非常に複雑な心境。

    そんなこんなでドタバタセッションを始めたらMDCのDAVEはじめ、他のMDCメンバーも「何やら面白い事やってるぞ!」と集まって来て、さらにDAVEまで別のビデオカメラで録画し始めて、ワタクシ緊張度MAX。

    その場に居た日本人はワタクシ一人だけ。

    何とも心細い状況。

    MDCのメンバーに囲まれ、見守る中、さらに本物のRKLのギタリストとのセッションには、ワタクシ、ハッキリ言って、生きた心地がしませんでした(笑)

    そりゃ〜我がバンド人生で3本の指に入るぐらいに緊張しました。(笑)

    そして今度セッションをする機会がある時はSCAB ON MY BRAINを完コピ予習して、今度はドラムとギターで合わせてやろうと心に誓った。

    3番目はLIFE。

    メンバーがインフルエンザで一人欠場。

    でも四人でもパワー満点のステージ。

    四番目はEXTINCT GOVERMENT。

    ハードコアパンク中のハードコアパンク。

    ボーカルのリッキーさんの「MDCを観るのは30数年振りだ」と言うMCを聞いて驚く。

    30数年以上前にイギリスでMDCを観たのだそうで、マジ凄い話だなと。

    そして、お次はフリップアウトA.A。

    ライブ前、MDCのDAVEがステージ目の前の ど真ん中の最前列に姿を現し、ウチらにエールを送って来た。

    お〜!アメリカンハードコアの伝説がこちらにエールを送ってくれてるよ〜。

    そりゃ〜嬉しい限りな訳です。

    エールに応えるべく、全開バリバリで演奏。

    最高に充実の楽しさ満点のステージでした!

    トリはMDC。

    MDCメンバーがライブ前、二階の楽屋に集結していたので、ドラムのアル先生の所に行って、何か足りないものはないか?色々と質問。

    ペダルはどうするか? スネアは俺のヤツを使うか?

    スティックはちゃんと持ってきたか?

    などなど…。

    セッティング中は、ドラムのアル先生に楽器を貸したり、色々とアル先生のローディー的な事をやらねばならず、何気に忙しいのです。

    スティックは有るのか?

    念のため、アル先生が使っているスティックに近いものを事前に用意していたので、それを差し出した。

    さらに去年のツアーファイナルの日に、アル先生からプレゼントされたアル先生使用済みのスティックを見せて、
    「ほら、このスティック覚えてるか?これは去年、あなたが俺にくれたスティックだよ。俺の宝物なんだ」と伝えたら、なんと!アル先生「そのスティックを貸してくれ」と言い出した。

    「えぇ〜?このスティックだけは貸す為に持って来たんじゃないのにな〜」と一瞬、戸惑ったが、まあ使い慣れたのが一番だからなと渋々貸す(笑)

    さらに、セッティング中には、「ドラム用のグローブがない、あれが無いとライブが出来ない!」と喚き出したので、楽屋やら、通路やら、くまなく探して廻る。

    まったく…、アル先生の世話が一番大変である。

    結局、ステージの上にグローブが落っこっていたらしく、「何だよ、探しも しねえで、無え無え言いやがって」(笑)と、本当しょうもねぇジイさんだなと思いつつも、ホッとした。

    セッティングも完了し、ライブスタート!

    おー!これぞMDCだよ!

    五人のMDCは最強だなと。

    前半、BARRYにビデオの録画役を頼まれ、客席でノリたいのにステージ側からライブ録画に勤しむ。

    後半は別の人間に録画を託し、観客として楽しむ。

    ソデで見て居たら、直樹に背中を押され、約10年ぶりぐらいにステージダイブ(笑)

    飛んだ瞬間、久しぶりに感じる快感がありました。

    後半は大盛り上がりでライブ終了。

    昨日のライブがウソだったぐらいに今日のMDCライブは「OH〜FUCKIN GREAT!」ってな具合に最高でした。

    ライブ後、アル先生が俺の所に来て、「これはお前のスティックだ」と宝物のスティックを返してくれた。

    もうろくしてそうに見えて、意外にしっかりしてるんだな、と見直した(笑)

    ライブ後はムーンステップ バーで打ち上がり。

    MDCは宿泊先のジャム君の家に移動するので、バンへ荷物の積み込みを手伝う。

    積み込みが終了。

    自分も西荻に帰って寝ねばなので、西荻に移動。

    何となく飲み足りないと思ったのと、あまりに近頃が非日常な日々であったので、気持ちをリセットしたくて、すがる気持ちでピットバーMSDに連絡すると、今ちょうど、西荻の居酒屋で飲んでいる最中だと言うので合流。

    結局、楽し過ぎて、夜中の3時まで飲む。

    明日は名古屋だが、移動中に寝ていけば良いだろう。

    明日の名古屋も超楽しみだ。







    コメント
    コメントする









    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM