<< ☆ツアー日記 MDC JAPAN TOUR 2018(名古屋編) | main | ☆ツアー日記 MDC JAPAN TOUR 2018(ツアーファイナル) >>

☆ツアー日記 MDC JAPAN TOUR 2018 (大阪編)

0
    2月3日、土曜日。

    朝からワキン。

    夜は東京駅でMAUと ふとっさんと集合。

    深夜バスで大阪へ向かう。

    車内はガラ空きで、どこでも好きな席に座れるぐらい ゆったり。

    ぐっすり眠る事が出来て良かった。

    早朝、8時頃、大阪到着。

    MAUとふとっさんは、「鶴太郎meetsアラビアン」的な 元THE FUTURESの池田兄宅へ遊びに。

    自分は一人で、まずは心斎橋にある、今夜演るライブハウス「火影」に楽器を置きに行く。



    ん〜「マジ、クソさみ〜!」って顔に書いてありますな〜(笑)

    今日の大阪は寒い、寒すぎる。

    そして、今日も、間違いなく1番乗り(笑)

    火影の入り口の受付の奥に楽器を隠すように置いて、大阪観光へ。

    今まで、大阪には何度もツアーで来ている。

    初めて来たのは1995、6年辺りだったか?

    NAMASTEで難波ベアーズで演った時が初めて。

    ex.SCUMBAG,ex.SUPER DUMBのミヤジマさんというギターの達人が居まして、当時ミヤジマさんがやっていたWATERってバンドと一緒に単発で大阪ツアーに来た時が初めてだった。

    その10年後の2005年頃、ハンマーでも来阪。

    BAD DIRTY HATEの企画で、名前は忘れたが難波にあるライブハウスで演ったのが2度目の大阪。

    あん時は、☆HISATAKA☆も出てて、初めて打ち上げで話したんだったな。

    FLIPOUTでは何度も来てる。

    レコ発ツアー、BAD DIRTY HATE企画、そしてオランダのVITAMIN XやアメリカのCONQUEST FOR DEATHやVENKMANとのJAPAN TOUR。

    随分前の事だけど、記憶に新しい。

    結構来ているにもかかわらず、いつも到着は夕方だったりするので、ロクに大阪観光ってモノをやった事がなかった。

    というわけで、先ずは大阪の名所中の名所、通天閣に行こうと。

    一度で良いから行ってみたかったんだよな〜、通天閣。

    通天閣といえば、小学生の頃、テレビで観ていたアニメ「ドカベン」の中に出てくる「通天閣打法」ってのがありまして、それで通天閣って名前を知ったのが初めて。



    バッドブレインズと思いきや な 大阪のライズ フロム ザ デッドのTシャツも、ホワイトハウスじゃなくて、通天閣(笑)



    勝手に通天閣ってどんなトコなんだろう?と子供の頃から想像だけは膨らましておったのですよ。

    心斎橋から道頓堀方面へ歩く。





    阪神タイガースが優勝したら、この川にダイブするのか…?大阪の人達は…、

    スゲーな…。



    老舗のメシ屋ニューライト。

    食いたいけど、こんな早朝に開いてるわけね〜べや。



    いぎなし「ブラフマン」って、なんのこっちゃ?(笑)

    川沿いを歩くと、大阪ならではの光景。



    道頓堀商店街に入り、大阪のカールおじさんと西荻のカールおじさんの2ショットをパシャり(笑)



    飲食店には、店先に大きな飾り物を吊っている店が多し。

    大阪に来たって感じがします(笑)









    焼き鳥、一本50円のお店。

    西荻達磨も負けたな。50円なんて。



    おっ!DEAD COPSが向こうから歩いて来たな!?



    「お〜お巡りちゃん!何や?職務質問かいな?ほぅ〜上等やないけ!?ほな、身体の隅々まで好きなだけ調べたらええ。

    ただしな〜、このバッグの ここのポケットだけは、絶対に開けたらアカンで〜」

    などと、吉本新喜劇の花紀 京的なネタを心の中で展開する(笑)



    ザ めしや(笑)

    あのなぁ〜、 何でもかんでも「ザ」をつけりゃ良いってもんやないで〜(笑)

    爬虫類カフェなるモノを発見!



    だけど…、

    良く良く看板を眺めたら、

    ハリネズミやフクロウは爬虫類じゃねぇべや〜!(笑)

    そんなこんなで結構な距離を歩き、さらに難波駅を通過し、遂に通天閣のある新世界へ。



    新世界を歩くと、通天閣が見えて来て、いきなり昭和の時代にタイムスリップした感覚が…。



    レトロなゲームセンター。







    レトロなスマートボールの店。





    100円入れて、玉が20個ぐらい出て来て、玉を弾いて、入賞口に入れる、パチンコの超初期型バージョン的な。

    100円分やりましたが、一個も入りやがらない。

    何ともツマラン気分で退店(笑)

    記念だから通天閣に登る。



    大阪の街を上から眺める。

    戦争で焼け野原になって建物が全く無くなったのに、戦後の復興でこんなに建物建てたって事だよな。

    良く良く考えれば凄いことだよな〜。

    裏側から見た通天閣は更にクッキリ見えた。



    通天閣の周りの商店街を歩く。

    うどん屋があったのでイン。



    店内に入ると、コレがまたドリフの大爆笑に出てくる様な雰囲気なんだわ(笑)



    天ぷらうどんを注文。

    コップはワンカップの空き瓶(笑)



    何だよ、天ぷらは衣だけで、中身何も入ってないじゃん?

    大阪の天ぷらはコレが普通なのか?

    それとも、この店だけの話なのか?

    それはわからない。

    映画館発見。



    今時、ポルノ映画かよ?と。

    21世紀のこの時代に誰が観んのよ?と思っていた矢先、数人のオジさん達が券売機でチケットを買って入って行ってたのを観て驚いた。

    新世界を一通り巡ったので、今度は大阪ディープスポット「西成」へ移動。

    先ず眼に飛び込ん出来たのは、ディープな遊郭街「飛田新地」



    日曜日だからか?真昼間から堂々 営業(笑)

    いまだ日本にこんなスポットがあるとは?って感じ。

    西成の街中を散歩。























    路上で将棋盤を囲み、対局に熱中するオジさん達。

    真昼間からカラオケ居酒屋で熱唱する酔っ払いのオジさん。

    缶飲料、オール50円の自動販売機。

    わずか500円で泊まれる旅館。

    モツ焼きの露店。

    昭和の時代にタイムスリップしたかのような世界。

    なんとも土臭く、懐かしさすら感じる風景。

    かつて西成は日本で最も治安の悪い地帯とも言われていたみたいだが、案外、ほのぼのとしていて、人々の 気取らぬ 自然体で生きる日常を垣間見た気がした。

    西成では過去に24回も暴動が起きている。

    1990年の第22回目の西成暴動の様子を過去にテレビで観た時は、非常に衝撃的で、いまだ脳裏に焼きついている。

    あれは自分が20歳の頃に観た映像だったな。

    平和な茶の間に突如として現れたそのニュースは「これ本当に日本で起きてる映像なのか?」と疑う程の驚きの映像だったが、その時でも、観ていて、不思議と嫌な感じはしなかったな。

    あの労働者達の怒りは、むしろ「しごく真っ当な怒りである」ぐらいに感じて観ていた。

    西成を後にして、地下鉄で心斎橋に向かう。

    火影でリハーサルを観て、近所のサウナに入って、またライブハウスに戻ると、MDCがようやく到着。

    楽器類や物販を運ぶのを手伝う。

    ツアーに同行している物販係のアルノが実はアメリカンじゃなく、オランダのアムステルダムから来ているという事を知り驚く。

    直樹に名古屋以降のツアーの話を聞いた。

    広島では、MDCのメンバーを連れて原爆資料館に行ったと。

    その話を聞いて嬉しく思った。

    NO WARを主張に掲げているMDCにこそ、あそこに行って、1945年の8月6日に広島で何が起きていたのか?という過去の忌まわしい歴史を観て知って貰いたいと思っていたからだ。

    DAVEが資料館を観て直樹に色々と語っていたそうだ。

    DAVEの親の世代は モロに軍人世代で、さらにアメリカの教育の場では、原爆を使用したから戦争が終わったのだと原爆投下を正当化する教育がなされていて、自分もそう教え込まれて来たと。

    しかし、自分は反戦を歌い、スローガンに掲げて来たという、二つの相対する考えがあったが、資料館で原爆の実態を観、その余りの酷さに、やはり これは間違っていたのだと確信したそう。

    資料館には自分も16年程前に行って、かなりキツキツな内容だったのを覚えている。

    自分は原爆の写真は小学生の頃から見ており、免疫がついていたのだが、一緒にまわった同伴者がショックで卒倒。

    一時、別室に運ばれ、救護されるという事態になった。

    原爆資料館にMDCを連れて行ってくれた広島公演の主催者であるGUYさんに改めて感謝の気持ちがわいた。


    間も無く、ライブスタート。



    何故か、今日は東京から大阪にツアーに来てるバンドが多く、東京のバンドが大阪でダダ被り(知ってるだけでも4会場に分散)という目も当てられない状況。

    ですが、こちらは今年も満員御礼。



    大阪のバンドも色とりどりで様々なスタイルのバンドが出演し、観ていて飽きない。

    面白い。

    トリのMDCはFLIPOUTのTシャツを来てプレイ(笑)



    凄く熱い、とっても良いライブやってた。


    ライブ終了後、MAUとふとっさんと俺はバスで また東京に帰らねばならない。

    FUTURESの池田兄が高速バス乗り場まで案内してくれるというので、ついて行ったが、全然道がわかっておらず、全く役に立っていなかった(笑)

    明日はツアーファイナル。

    有終の美を飾れるか?飾れぬか?は蓋を開けてみなければわからない。

    明日の幸運を祈り、バスの中で就寝。




    コメント
    コメントする









    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM