<< NEXT GIG!!(FLIPOUT A.A、NAMASTE、DJ西荻) | main | 2018年アメリカツアー日記(9日目) >>

2018年アメリカツアー日記(8日目)

0
    ツアー8日目。オフ日。

    昨夜はバスの中で寝たが、トイレに行きたくなって朝起きる。

    起きた当初は余裕だったが、外に出て、タバコを吸ったその瞬間、また、あの起きてはいけない「水戸様のお怒り」がやってきた。

    まあ、大丈夫だ。

    ここから200m離れた所にMDCの友人宅がある。



    ちょっと距離があるが、200mなら持ちこたえられそうだ。

    と、友人宅へ向かい歩く。

    ちょっとヤバくなって来たが、大丈夫、もう家はすぐそこだ、あと2分だけ我慢してくれよ黄門様。

    と、キリキリと苦しみ出すお腹に言い聞かせた。

    家の門の前に到着。

    門は木製で、高さは2メートルを超える、泥棒でも容易には入って来れなそうな 大きく頑丈そうな門だった。

    既に水戸様のお怒りは80%越え。

    やや、ヤバヤバ。

    まぁ、後、30秒後には、この苦しみから解放されるだろう。

    と、それをし終えた後の安息の表情の自分を思い浮かべながら、勢いよく門の扉の取っ手に手をかけた瞬間、凍りついた。

    「ガビーン、鍵がかかっている!」

    昨日は常に開閉できる状態だったので、気づかなかったが、鍵をかけられるタイプの門だったのね〜。

    門の所にはピンポンするチャイムも無いし、寝ている彼らを起こして開けてもらえる可能性も皆無だった。

    その瞬間から地獄のテンパリーモードに突入。

    「ううっ、むぐす〜助けて!神様〜!」

    周りは住宅地ばかりで青空トイレも出来そうに無い。

    ただ、友人宅のすぐ裏には、廃止になって、もう何年も電車が走っていないであろう線路があった。

    「やるならここしかねぇ。」

    そう直感的に思った。

    とりあえずは紙だ。

    紙が無いことには青空トイレも出来ないではないか?

    草で拭くという選択肢もあったが、子供の頃のトラウマで、あの感触の悪さはもう二度と味わいたくは無かった。

    仕方なしにバスに紙を取りに戻る。

    漏れそうになるギリギリ状態を必死にこらえながら。

    これはもう、「ザ ガマン」の世界だ。

    修行僧でさえ、こんな苦しみを味わってはいないのではなかろうか?

    ほうほうのていでバスに辿り着くと、ティッシュを急いでバッグから取り出し、また元来た道を歩く。

    200mってこんな遠かったっけ?

    歩いている距離が2キロぐらいに感じた。

    そして道路と線路が交差する地点を右折。

    遥か遠くまで延びている線路沿いを人目につかない場所まで歩き、我慢の限界が来た瞬間、パンツを下ろす。

    パンツのゴムが黄門様の位置を通り過ぎる 約0.0001秒後、爆弾投下。

    これはブルース・リーもビックリのスピード感。

    絶妙なタイミングであった。

    「リメンバーナガサキ」

    ついに二発目の爆弾をアメリカ西海岸の大地へ投下してしまった。

    し終えた後の解放感と多幸感は殊更で。

    スッキリって言葉はこういう事を言うんだよ。

    地獄から一気に天国に辿り着いた気分だった。

    いやはや しかし、あと数年で50になるアラフィフだというのに、二度も野グピーをするとは…。

    いや、でも、あんなに可愛い猫や犬だって、みんな野グピーじゃないか?

    俺だって、俺だって、

    可愛いかも知れんぞよ。



    一件落着後、小学校の時の同級生の野口君を思い出した。

    野口君、

    あの頃、野口君の事を「野グ○!野グ○!」と からかってゴメンね。

    本当の野グ○野郎は、このワタクシです…。

    心の平静を取り戻し、またバスで寝る。

    午後になって、ようやく家の門が開いた。

    見れば外からも開けられる仕組みになっていて、何だよ?こんなに簡単に鍵が開くのかよ?と。

    シャワーを借りて、しばらくしたら、みんなワサワサと出発の準備を始め、バスに乗り込み、いざサンフランシスコを目指す。

    夕方、サンフランシスコ到着。

    MDCの友達が経営するTATTOOスタジオへ。

    彫り師はドレッドで職人魂を感じるナイスガイ。









    ここでCONQUEST FOR DEATHのロバートと落ち合う約束。

    今夜から明日の夕方まで、FLIPOUT A.Aの身柄はMDC預かりからチェンジし、ロバート預かりになるという話。

    このスタジオで MDCメンバー、フリップアウトメンバー、ツアースタッフの5名程がTATTOOを入れるというので、その間、自由時間。

    彫らない俺とふとっさんは、腹が空いていたので、まずスタジオの向かいにある日本レストランへ。

    久しぶりの日本食に胸が踊る。

    トンカツ定食と醤油ラーメン、トッピングにコーンをつけてオーダー。

    ふとっさんは、唐揚げ定食に豚骨ラーメン、トッピング全部のせでオーダー。

    飢えていたのだ。

    日本食に飢えていたのだ。

    そして、ついに注文した料理が到着。

    「何だ?こりゃ?」



    トンカツはオッケーとして、ラーメンに具が入っていないではないか?

    スープと麺しか入っていないではないか?

    いや、入っていない事はない。

    よくよくスープの中身を探ってみたらコーンが下の方に沈んでいる。

    しかし、具はコーンしか入っていない!

    何だこりゃ?

    サギじゃねーか!

    ふとっさんのラーメンを見たら具が沢山入っている。

    なんだよ、トッピングって、他の具は当然入っていて、コーンを増量したいからオーダーしたのに。

    って事は、普通に「ラーメン」って注文したら、具なしの、麺とスープのみのラーメンが出てくるらしいな。

    そんなバカな〜。

    またメニュー選びでシクってしまった。

    まぁ、でも久しぶりの日本食が食べれたらだけでも、良しとしようか。

    メシを食べ終えたら、ここから数キロ離れたミッションストリートに買い物に行こうと言う話になり、ふとっさんと二人でバスに乗り、ミッションストリートに着いたは良いが、店が殆ど閉まっていて、ガッカリ。



    バスでTATTOO STUDIOに戻る。

    Jが彫ってる最中。



    写真はDAVEさんがTATTOを入れているシーン。



    しばらくしたらロバートがやってきて、写真をパシャり。



    外へ出て煙草を吸っていたらCONQUEST FOR DEATHのギターのアレックスもやって来た。

    アレックスに会うのは、先のアメリカ&メキシコツアー以来。

    こんだけ間があいてると、久しぶりの出会いに感動するもんだな^_^



    アレックスのニューバンド、THESE BASTARDSのメンバーも来てくれて記念写真をパシャり。



    その後、TATTOO STUDIOに戻り、CONQUEST FOR DEATHとMDCのメンバーとダベリング。

    いや〜CONQUEST FOR DEATHとMDCのコラボした この光景は なんとも圧巻というか、凄く濃い感じ。(笑)

    そんな濃いキャラクター達の中でも、ふとっさんの存在感が際立っている気がした。



    まるで勝 新太郎の様な重鎮感。

    その口から、

    「気づいたらパンツの中に入っていた。」

    「もうパンツは はかない様にする」
    と言った名ゼリフが吐き出て来そうな勢いである。

    何だかんだ0:00ぐらいまでいて、ロバートのバンに乗り込み、ロバートのお家へ。

    前の家は引っ越したみたいで、新しいお宅にお邪魔。

    立派な一軒家。

    BED ROOMに案内された。

    今夜はこの部屋で寝てくれとの事。

    壁にはCONQUEST〜の旗が



    部屋の中には何故か?BUMPED HIS HEADのポスターが貼られている(笑)



    ロバートが夜ごはんを作ってくれて、皆で頂く。

    美味い!パスタ!ロバート、名コック!



    こうやって手料理を作ってくれる様な温かい男なんだ。

    ロバートは。

    ロバートはふとっさんが大のお気に入りの様で、まるで珍獣の写真を撮るかの様にパシャパシャ写真を撮っている。



    久しぶりに屋根のあるお家でスリーピング。

    ぐっすり寝る。

    明日はサンフランシスコで観光して、バークレーのギルマンでライブ。

    楽しみ過ぎる。

    GOOD NIGHT!




    コメント
    コメントする









    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM