<< 北海道ツアー楽しかったです!(旭川編) | main | 11月ライブスケジュール >>

北海道ツアー楽しかったです!(札幌編)

0

    9/15 日曜日、早朝に目覚める。

     

    起きた瞬間、「ここは何処だ?」と一瞬驚く。


    あぁ、そうか、今は北海道ツアーの最中で旭川のホテルに泊まったのだという事に気づくまでに三秒程かかった。


    部屋に寝ている他の三人は まだ熟睡中。


    一人ホテルから抜け出し、近くにあると聞いていた吉野家へ。 


    雨が降っていたが日中は晴れるらしく・・。


    ワタクシ、自他ともに認める晴れ男だから、行くトコ行くトコ大体晴れるんですよね。


    んな訳なんで、ライブの日に傘をさした記憶がほとんどない訳なんですね〜(笑)


    (ほんまかいな? 笑)


    吉野家到着、朝定食大盛を注文。


    昨夜あんだけ食ったのにな・・・。


    底抜けの食欲。


    もういい歳なのに、こんなバカスカ食ってる同世代っているのかな?


    帰り道にあるセブンイレブンに寄ると、旭川から札幌行きの高速バスのチケットが格安で売ってるので、あとで三人分買おうかなと。


    というのもTableの中村さんが借りてくれたレンタカーは、8人は乗れる車なのだが、なんせ機材が多すぎて、二バンドの機材を合わせて載せたら3人しか乗れないという(笑)


    ホテルに戻り、まだ皆寝ているので、湯船に お湯をはって入る。


    脚を全開に伸ばせて入る風呂は なかなかのゴージャス気分。


    これで一泊3,000円は得した気分だな。


    しばらくしたら皆んな起き出して来たので そろそろ出発の準備を。


    楽器を車に積み、車で出発のTableメンバーとキンゾーさんを見送り、我らは徒歩で いざ旭川駅へ。


    北海道って真っ直ぐな道が多いよな〜。



    果てが見えぬ程に果てしない。


    駅前の停留所からバスに乗り込む。


    隣の席は若い女性。


    ちょっと緊張・・(笑)


    いや、大丈夫だ・・、さっき風呂に入ったばかりだから、加齢臭どころか?むしろシャンプーの良い香りを漂わしているハズである・・(笑)


    「隣に座ったオジさん、フーテンの様な見た目で一見、不潔そうだけど、なんかほのかに石鹸の良い香りがしてるわ・・。きっとこの格好は世を忍ぶ仮の姿で、本当は高貴な大金持ちのオジ様なんじゃないかしら?声掛けてみようかな?札幌に着いたら高級なランチぐらい奢ってくれるかも・・?」


    隣に座る彼女は、そう思っていたに違いなかった。


    さらば旭川。


    楽しかったぞ、旭川。


    ありがとう旭川。


    はたして、残りの人生の中で、再びこの地を踏むチャンスが訪れるのであろうか・・?


    などと、考えたら、ちょっぴりセンチな気持ちになった。


    バスの中では再びウトウト眠りの世界へ。


    目が覚めれば既に札幌市内。


    大都会。


    札幌の事を地方だと思ってナメてかかってはいけない。


    我が町 西荻より遥か数百倍も都会である。


    まるで、こちらが「おのぼりさん」の気分である。

     

    懐かしの時計台やテレビ塔を横目に札幌駅到着。


    時間は昼過ぎ、飯タイムだぞ、という事で何を食おうか相談。


    海鮮丼でも食べようかと。


    どうせなら市場に行って本格的なヤツを食おうかと。


    二十分程歩いて、市内の魚市場へ。


    海鮮丼屋が軒を連ねている。


    店頭の海鮮丼のディスプレイを見た瞬間、食欲がMAXに。


    やたら元気なおじさんが営む海鮮丼屋へイン。


    イクラと海老と蟹の入った海鮮丼を注文。



    これですよ。


    食べるのがもったいない程の高級感。


    美味い、美味すぎる。


    食後はリハの時間まで自由時間。


    三人バラバラで行動。


    一人で居る時間も大切に考えるNAMASTE節。


    独りで考える時間も大切ですからね。


    海鮮丼は旨かったが、いかんせん量が少なかった。


    腹がへっては戦はできぬって事で、札幌味噌ラーメンでも食おうかと思ったが、アーケードに面している店は値段が高すぎて、断念。


    妥協して餃子の王将へ。


    庶民的な値段のラーメンを食す。


    安くて美味い、これ最高。


    そしてリハ。


    今日のハコ、スピリチュアルラウンジはフロアがわりかし狭めでステージが高くて、天井が高い造り。


    立派なライブハウス。


    夕方になってライブスタート。



    札幌在住のO.U.Tのメンバーが来てくれたり、DEADFISH BOYSのメンバーと会話できて嬉しかった。


    それにしても、北海道のバンドのクオリティーが非常に高くて昨日に引き続き、驚く。


    メロディーを歌うバンド多しだが、演奏も上手ければ歌も上手い。


    まるで音源を聴いているかのような完成度で いかに普段 音に向かっているかが滲み出ているステージだった。


    そして、NAMASTE。


    23年ぶりの札幌でのライブ。


    感慨深いものがありました。


    持って行ったCDは完売。


    Tシャツや新しいデモ音源も少なからず売れてありがたい&嬉しい限り。


    トリのTable最高でした!


    都内で半端ないライブ本数をこなし、北海道にアンプを郵送してまでサウンドにこだわりを見せる中村さんのバンド魂に脱帽。


    昨夜からTableの曲のメロディーが脳内でループして頭から離れず、いかに素晴らしきメロディーメーカーなのかを物語っている。


    ただでさえ年齢と共に物忘れが激しくなって行ってるってぇのに脳にこびりついて離れないってんだから凄い事ですよ。


    ライブが終わってハコ打ち上げ。


    TableもNAMASTEメンバーも北海道のバンドとの交流を楽しんでいたみたい。


    ワタクシはといえば、酒を二、三杯飲んだ瞬間に急激な眠気に襲われ、楽屋で中村さんの棺桶の様な楽器ケースの上で爆睡(笑)


    気を張っていたのが、ライブが終わって、一気に緊張がほどけた故かと思われる。


    打ち上げが終わり機材搬出。


    札幌の出演者の方々と記念写真。



    札幌のバンドと別れを告げ、キンゾーさんのナビでススキノへ。


    ニッカウウィスキー前でパシャり。



    そして、札幌ラーメン屋が軒を連ねる新ラーメン横丁へ。


    ラーメン横丁へ入った一番手前のラーメン屋の表にXのポスターが貼ってあり、「あのXのメンバーが食べに来た店」と大々的に宣伝していた。


    そういえば、Table中村さんは その昔、マグネッツ時代にXと共演してたんだよなと。


    そんな人と一緒にラーメンを食いに来ているなんて・・、と何か不思議な気分に(笑)


    ラーメン横丁の一番奥に店を構える「つばさ」という店へ。


    キンゾーさんがオススメの店だというので連れて来られたが、キンゾーさんもこの店に来るのが初めてだと言うのでズッコけた(笑)


    なんでも、ツアーバンドが札幌に来た時には、この店に連れて来るのが札幌の企画バンドの鉄板コースらしく・・。


    そして、この店のイチ押しメニューを。



    半分がいくら丼、そして、半分が札幌味噌ラーメン。


    しかも、こんなゴージャスな内容なのに、こんな安いの?な値段で最高。


    ビールを飲み、たらふく食べて大満足。


    店を出て、キンゾーさんに別れを告げて、今夜のゲストハウスへ。


    中に入ると、二段ベッドが4つの、仕切りもあって、和風なカプセルホテルの様な造り。


    シャワーもあって、一泊¥3000だし、これは凄く良いゲストハウスだなと。


    酒も大量に飲んだ後だった為、爆睡。



    9/16 月曜祝日。


    またまた早朝に起床。


    週間天気では雨予報だったが、雨は降ってなくて若干曇り空な天気。


    今日の予定は、観光と帰りのフライト。


    昼前に中村さんが車に積んだ機材を宅急便屋に預けたので、メンバー全員が車に乗れる事に。


    ようやく2バンド合同でのツアー気分に。


    もうライブは終わってるけどね!(笑)


    キンゾーさんが昼頃現れて、オススメの札幌の回転寿司屋があるから行こうと。


    キンゾーさんオススメの店だというので、キンゾーさんは勿論、しょっちゅう食べに行ってるんでしょうねって前提で質問したら、


    「いや〜俺も行った事ないんすけどね、今日行く初めてなんすよね〜」と言われ、また再びズッコケた(笑)


    いや〜キンゾーさん、面白い人だな~(笑)


    車で数十分。


    郊外にある回転寿司屋「なごやか亭 」に到着。


    人気店の為か?昼だからだろう。


    大繁盛で少し待たされたが、まもなく6人座れるテーブルに通される。



    メニューを見るだけで、もう、ヤバい、食欲が・・・。


    海老、マグロトロ、蟹味噌、海老味噌汁、大好物を片っ端から頂く。




    なかでも、こぼれイクラ。



    これを注文すると、店員さんが太鼓を叩いて、全員の掛け声入りで軍艦にイクラを盛るというパフォーマンス入りで笑った。


    まるでドリフの大爆笑の「もしもこんな威勢の良い回転寿司があったら」なコントを見ている様な気分だった。


    寿司を食べていると、キンゾーさんが「モアイを観に行きましょうよ。」


    というので、耳を疑った。


    「モアイって言ったらイースター島でしょうが〜!?」


    「南半球でしょうが〜!?」


    「寿司まだ食ってる途中でしょうが〜!」

    (田中邦衛調)


    と思ったが、札幌の隣の真駒内にある霊園にモアイ像があるんだという。


    モアイだけじゃなく大仏もあるんだとか。


    な訳でモアイに会いに行く事に。


    車で数十分。


    真駒内滝野霊園に到着。


    観光客も少なく、360度、周りが見渡せる、空の広い場所。


    大自然に囲まれた澄みきった空気に初めて「北海道に来たな〜」と実感。


    霊園だけに、まさにスピリチュアルって言葉が似合う この雰囲気。



    夜中に空からUFOが降りて来ても、なんら不思議じゃない感じです。


    まずは大仏を見る。



    奈良の大仏も鎌倉の大仏も見たことがあるが、三度目の大仏である。


    そしてモアイ像。



    一列にずらりと並んでいて圧巻。  


    思わず、ピンクフロイドの対のジャケを連想してしまう。


    これはイースター島の元祖モアイにも引けをとらないんじゃないか?と。


    最初モアイ見に行こうと誘われた瞬間は頭が「?マーク」だったが、来てみたら、キンゾーさん、こんな素晴らしい場所に連れて来てくれてありがとう、という気分になった。


    真駒内霊園を後にすると、次は支笏湖。


    日本で最も水が綺麗な湖。


    水深は全国第二位で360m


    大きさは全国で八番目に大きい湖で、数ある北海道の湖の中で、三番目に大きい湖。


    海を眺めるのも好きだけど、湖は その神秘的な雰囲気が好き。



    海だと潮騒が聞こえるけど、湖って、しーんと静まりかえってますからね。


    さらに360mも深いなんて、想像するだけで気が遠くなりそう。




    メンバーと、キンゾーさんと写真をとったりして、気づけば間もなくTableのフライトの時間が迫っている。


    支笏湖から新千歳空港まで車を走らせ、レンタカーを返却。


    レンタカー屋からの送迎バスに乗り、無事千歳空港に到着。


    Tableご一行は17:00位のフライト。


    うちらは21:00のフライト。


    Tableとキンゾーさんにお別れ。


    たったの2泊3日のショートツアーだったけど、トラブルも無く、凄く内容の濃かった充実のツアーだったなと。


    キンゾーさんのナビゲートに大感謝。


    キンゾーさんが居なかったら実現不可能なツアーでしたから。


    そして、数多く居るバンドの中からNAMASTEを抜擢してくれたTableのお二方にも大感謝。


    また東京でご一緒しましょう、またどこか一緒にツアー行きましょう!と言って別れた。


    フライトまで時間があるので、空港内のコンビニでビールを購入し、バンド打ち上げ。


    あれこれ、面白かったエピソードやあれこれ旨かったね、カッコ良かったね、などなど、思い出話を。


    21:00にフライト。


    さらば北海道。


    またいつか来たいな。


    北海道は本当に好きなトコだから。


    羽田に到着。


    吉祥寺行きの最終バスに乗る。


    西荻帰宅。


    北海道ツアー大成功の余韻に浸りつつ就寝。

























    コメント
    コメントする









    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM