ブラジルツアー前夜

0
    8/29 足立区西新井にてハードコアワキン。

    帰りのバスの窓から、夕陽に映える荒川の河川敷を眺めれば、「♪ 暮れ〜なずむ〜町の〜♪」ってな具合に、金八先生の主題歌「贈る言葉」が頭に流れてくる。



    そう言えば、数日前、仕事後、まさに暮れなずむ時間帯に、激疲れの脚を引きずって、金八先生ゆかりの地巡りをしたんだよね(笑)







    金八先生は今でもDVDで観るほど好きだし、足立区はめったに来ること無いので疲れを押して、踏ん張って行ったんだよね。

    夜はナマステ練。

    ブラジルから帰って来て、直ぐにこの2DAYS↓があるだけに、練習にも気合いが入ります。





    全く、乾く暇も無いワタクシです(笑)



    9/30 西新井にてハードコアワキン。

    ワキン後は、20:00より新宿にてフリップアウト練。

    スタジオに着くなり、ベースの直樹の口から衝撃の言葉が発せられ、一気に青ざめる。

    先ほど、ブラジルツアーの企画者から、ドラムのシンバル一式を、今ツアーに持って来て欲しいとの伝達があったと…(汗)

    「あの…、ワタクシ そもそもシンバル持って無いんですが…、しかも出発、明日の昼過ぎなんですが…」

    …と心の中で途方に暮れる。

    日本のバンドマンは恵まれていて、スタジオにもライブハウスにもドラムセットが常備されているので、ドラマーで自分のドラムセットを持ってる人じゃ無い限り、シンバル類一式持ってる人って少ないんじゃないかな?

    前もって言われたら、何とかして用意出来たと思うが、出発前夜に そんな無理難題を吹っかけられて、ややブルーな気分に。

    聞くところによると、ブラジルではシンバルが非常に高価で貴重品らしいので使い回しはせず、みんな各々自分のシンバルを使ってプレイするスタイルらしい。

    練習は程々に、今日はミーティング中心で終わる。

    「はてさて?シンバルどうしようか?」

    悩みのタネが一つ増えてしまった。

    中古で買うか?

    新品揃えたら安いの買っても数万飛んじゃうしな〜。

    買ったところで帰国後は そのシンバルも無用の長物と化すしな〜。

    などと悩みつつ、西荻駅到着。

    脚は自然と西荻Pit barに向かう。

    悩んだ時は西荻Pit bar。

    Pit barに行けば、悩みが解決する時も しばしばある。

    スタッフのMSDに悩みの内容を告げると、割れシンバルなら沢山あるので、貸せるかも?との話。

    一気に心の曇りが晴れた気がした。

    PAのシュレックに50枚程ある割れシンバル類を出してもらいチョイス。

    おー!加工すればまだまだ使える軽傷のシンバルが沢山あるではないか!

    シンバルは割れても、

    こんな具合に削って加工すれば、音も再生してライブでも使えるぐらいのレベルまで復活するのですよ!

    という訳で、ハイハットを含む、割れシンバル5枚をピットバーから借りる事に成功。

    帰宅。

    渡航準備はまだ出来てないが、シンバルをゲットした安心感に包まれ、爆睡。



    9/31 朝早く起床。

    素早く、荷物を準備。

    押入れの奥から昔、チャイナシンバルを入れて使ってたシンバルケースを取り出したり、破れたリュックを裁縫して修理したり。

    リュックを裁縫していると、思わず、「北の国から」の黒板五郎が、捨ててあったチャリンコを拾って来て、最終的に警察に咎められ、「東京の人は、すぐモノを捨てるから」というセリフを放ったシーンを思い出した。



    破けたら裁縫。

    シンバルが割れたら加工。

    壊れて捨てて、新品を買うのも金に余裕があれば良いのだが、壊れたモノを修理して再生して使えるモンなんていくらでもあるよね。

    壊れたモノを直さず、簡単に捨てちゃいかん。

    五郎が正しい(笑)

    という訳で、朝っぱらから、小雨ちらつくマンション屋上でシンバルをサンダーで削る。

    金属が硬そうなので簡単に削れるか心配だったが、何とかかんとか上手く削れて一安心。

    13:30頃、西荻出発。

    先ずは浜松町まで。

    浜松町からモノレール。

    この辺りは東京湾へ注ぐ河が沢山流れていて、ティーンネイジャーの頃観た バービーボーイズの「なんだったんだ 7DAYS」のPVを思い出す。



    羽田空港到着。

    コンビニでビールを購入。

    喫煙所でスモーキン。

    飛行機搭乗前の定番の流れ。

    先ずは円を米ドルに換金し、出国手続き。

    この度のブラジルへの渡航。

    羽田空港→ロサンゼルス→サンパウロと乗り継ぎをして行かねばならない。

    ブラジルへの渡航時間は25時間程。

    人生の貴重な1日が移動の為に使われてしまう訳。

    でも、大昔、ブラジルまで船で渡った出稼ぎの日系移民の方々の苦労を思えば、今は地球の裏側に1日余りで着いちゃうんだから凄く早いと考えるべきよね。

    という訳で、出発〜!



    航空会社はアメリカン航空。



    機内食も なかなか豪勢で、ビールも食事の際に二本ぐらい飲めて、ナイスな航空会社という印象。

    本来なら4人座りの席だったが、他に空いてる席があるからと、席の移動を勧めてくれる配慮は素晴らしいと思いました。



    ギターのふとっさんも悠々座れて、御満悦の様子。

    映画も充実していて、ロスに着くまで三本の映画を鑑賞。

    日々忙しくて、ゆっくり映画を鑑賞する暇もないワタクシ。

    それこそ、食い入る様に集中して観ました。







    特に洋画の二本は、ブラジルツアー前に気合いが入るナイスな映画でした。

    ロサンゼルス時間の10:20頃、ロスに到着。



    晴れていて、気温は高めだが、空気は乾いていて、カラッとした暑さ。

    日本時間は今頃、夜中の2時20分。

    当然、眠い。

    それから空港で時間を潰す事、5時間 (笑)





    そしてロス時間の15:30 ロサンゼルス空港出発。



    真っ青な空の下に南米大陸の大地が見えた。



    もうすぐ ブラジル サンパウロに到着だ。

    つづく。


    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM